女性用育毛剤の効果の確かめ方

薄毛や抜け毛の解消のために、育毛剤を使っている人は多いと思いますが、その効果の確かめ方については、意外に知らなかったり勘違いしている人も多く、そのために途中で使用をやめてしまった人もいます。そこでここでは、育毛剤の効果の正しい確かめ方について、お話していきたいと思います。

育毛剤の効果の出方というのは、毛が生えて抜けるまでの周期=ヘアサイクルの関係もあるため、抜け毛の減少や髪のボリュームアップといった、目に見える効果を実感するまでには、個人差も個人個人が置いている基準の違いもありますので、3ヶ月?6ヶ月の範囲でかかると言われています。人によっては1年かかる場合もあります。ヘアサイクルは髪が太く長く育つ成長期、髪の成長が止まる退行期、髪が抜け落ちる休止期の3つがあります。抜け毛や薄毛は、何らかの原因によって退行期や休止期が長引いている状態ですので、新しく健康な髪が育つためには、まず今ある髪が抜け落ちる段階が必要なのです。女性の髪は成長期が約4年?6年、退行期が約1?2週間、休止期が約3?4ヶ月と言われています。育毛剤には長引いている休止期を完全に終わらせ、成長期に突入させる役割があるわけなのです。ですから育毛剤の効果を実感するのに、平均して必要な3ヶ月?6ヶ月という期間は、今の髪が抜け落ちて、新しい髪が頭皮表面に出てくるまでに必要な期間ということになります。

成人の毛髪は1日に0.3mmから0.4mm伸びると言われてますが、これはヘアサイクルの中の成長期の話であり、休止期に入りますと、毛は抜け落ちて新しく生え変わるまで成長しなくなります。つまり健康な髪でも、1ヶ月に1cm位しか伸びないということなのですが、髪が伸びて生え変わったと実感するには、見た目や触った感じから見ますと、数cmは必要になるかと思います。新しい毛を作り出す毛乳頭から、頭皮表面の毛穴までは5mm程度あり、その新しい毛が表面化するには半年位は必要となります。そして表面化してから産毛→軟毛→丈夫な毛と移行していきますので、その毛の状態によって、育毛剤の効果の段階がわかるということです。退行期・休止期に新しい毛が生えて伸び出すまでの期間を足し、更に個人差分のかかった期間の数字を加味した数字が、平均値としての3ヶ月?6ヶ月、或いは1年間ということなのです。

 

ですから育毛剤を使用し続けても、1、2ヶ月何も変わらないからと言って使用を止めてしまうのは、微妙な効果の現れ方に気付かず、効果が現れ出す直前に止めてしまっていることになり、非常に勿体ないわけなのです。ちなみにマイナチュレという育毛剤を使用したある女性は、髪のボリュームが増え、髪のハリやコシが戻るまでに6ヶ月かかったと言っています。すぐ効果を得たければ「医薬品」と表示された育毛剤を使用することになりますが、これらの育毛剤は効果が早く出る代わりに副作用がありますので、そういう思いをしたくないのであれば、穏やかに期間をかけて効果が表れてくる、「医薬部外品」の植物系無添加の育毛剤を使用すると良いでしょう。