女性用育毛剤の成分〜グリチルリチン酸ジカリウムの効果

女性用育毛剤の成分の1つである、グリチルリチン酸ジカリウムの効果について、お話していきたいと思います。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸2K或いはグリチルリチン酸K2、グリチノンV2とも呼ばれる、グリチルリチン酸の成分の1つであり、甘草から抽出される誘導体でもあります。甘草は2012年の薬用植物にも選ばれた代表的な薬用植物でもあり、咳や喉の痛みを和らげる効果もあるため、古代ギリシャやエジプトでは咳や声の変調や、喘息等の気管支系の治療にも使われていたそうです。

 

一方で名前の通り強い甘みもあり、その甘み成分がグリチルリチンであって、水に溶けやすい性質もあるのです。医薬品として慢性肝炎・抗アレルギー薬・薬用風邪薬等にも使われる他、化粧品・石けん・シャンプー・ニキビ役等にも用いられてきました。

 

この成分はニキビ薬に使われた際には、炎症を伴うニキビの改善に効果を発揮するのですが、このことから、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌の抑制に効果があることがわかり、皮脂分泌の多い頭皮にも使えるのではないかと着目し、育毛剤にも活用されるようになったのだそうです。

 

この成分は殺菌効果も高いので頭皮の雑菌を抑制して、頭皮の環境を清潔に保つ働きや、抗アレルギー作用もあります。また皮脂の過剰分泌による菌の増殖も抑制しますので、フケや痒みも抑える他、脂漏性皮ふ炎等の予防効果もあるとのことです。

 

一方で乾燥タイプのフケ症の人は皮脂不足で頭皮のバリアが不十分となり、細菌やシャンプーの使用等によって乾燥性湿疹を起こしやすいため、強い痒みを感じて頭皮を掻いてしまい、炎症やフケの原因を作ってしまいがちになりますが、そんな時もこの成分が有効になります。

 

またインターロイキン-12という細胞性免疫能力を活発にするマクロファージの作る、サイトカインを活性化する働きもあって、NK細胞の活性化により感染症予防にも効果があります。また頭皮のバリアを強化して、外部からの刺激を受けにくくする強い頭皮を作ってくれます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには若干副作用の可能性もあるのですが、育毛剤には適正に作用する範囲以上の配合はされておらず、上限規定よりかなり少ない配合量である場合も多いので、事実上副作用の心配は殆どないと言っていいでしょう。

 

おすすめの女性用育毛剤ランキングはこちらから