女性用育毛剤の成分〜酢酸L-α-トコフェロールの効果

女性用育毛剤の成分の1つである酢酸L-α-トコフェロールについて、お話していきたいと思います。

 

この成分はトコフェリルリン酸ナトリウムとも呼ばれ、元々はビタミンEのことなのですが、そのビタミンEが使いやすくなるよう人為的に工夫を加えたものが、酢酸L-α-トコフェロールとなるのです。人為的アン工夫により栄養分を利用しやすくしたものを、◯◯誘導体というように呼びますので、即ちビタミンE誘導体ということになります。ビタミンEはこれだけでは脂溶性で水に溶けにくいため、育毛剤等の商品に配合するのは長年難しいとされてきたのですが、人為的操作によって水に溶けやすくしたことで、多くの育毛剤に活用されるようになりました。

 

先程お話したように、この成分は元々はビタミンEですので、基本的な効果効能はビタミンEに準じています。かつてもっとビタミンが持て囃された時代には、強い抗酸化作用のあるビタミンCと共に、若返りのビタミンと言われていたこともあったそうです。現在では他にも続々有用な成分が発見されたため、影が薄くなってしまっていますが、人間にとっての基本的な栄養素であるには違いありませんので、普遍的な価値を持っているとも言えます。この成分は強い抗酸化作用を持つこと以外にも、血管に対する効能にも優れていますので、血管を丈夫にして血行を良くすることにより、毛細血管から毛根への栄養補給も促進してくれます。また紫外線にも強いため暑い夏場でも、育毛剤に含まれた成分としては効能が落ちないという優れた特質もあります。

 

尚ビタミンEにはサプリとして大量摂取してしまった場合にのみ、胃腸系のトラブル及び頭痛・吐き気等の副作用が起きる場合があるそうですが、1本の育毛剤には、誤って多く付けてしまわない限りは、そこまで大量には配合されていませんので、副作用の心配はまずないと言っていいでしょう。育毛剤は外用の塗布剤ですので、体内への吸収はほんの僅かであるからです。酢酸L-α-トコフェロールは、有名な育毛剤の殆どに配合されている成分ですので、この成分が配合されている限りは、幾つもの効果を実感することが出来ると思います。