年齢によって女性用育毛剤は変えた方がいい?

ここでは、女性用育毛剤を年齢によって変えた方がいいのかどうかということについて、お話していきたいと思います。薄毛や抜け毛の原因は、ストレスや生活習慣の乱れ等、年齢に係わらず共通する場合もあれば、年齢によって変わったり加わったりする場合もありますので、加齢に伴い、その年代特有の原因で薄毛や抜け毛になった場合は、その年齢向けの育毛剤を選ぶ必要はあると思います。そこで次に年齢別の薄毛や抜け毛の特徴と、お勧めの育毛剤について、順番にお話していきたいと思います。

 

 

10代女性向けの育毛剤

まず最初は10代女性向けの育毛剤についてです。この年代の女性は必ず中学へ行きますし、人によっては高校や大学等へも進学します。ですのでそういった学校生活を送っている影響で、ストレス過多や運動不足や寝不足になったり、偏食や暴飲暴食等の不健康な食生活になったりしますし、オシャレのためにブリーチやカラーリングをすることによって、頭皮や髪の毛に負担をかけやすくなります。また人目を気にして無理なダイエットをしたために、薄毛や抜け毛になる人もいます。まだ若いので、年齢による衰えが原因になることはありません。そのような10代女性には、血行促進タイプや保湿タイプのベルタ育毛剤がお勧めです。

 

20代女性向けの育毛剤

次は20代女性向けの育毛剤についてです。20代でも乱れた食生活や生活習慣、或いはパーマやカラーリング等の繰り返しも原因にはなりますが、成人しますと、人によってはこれに飲酒や喫煙が加わってきますし、遺伝や体質によるホルモンバランスの影響が、強くなってくる年代でもあります。ですので血行促進・保湿効果に加えて、女性ホルモンの調節機能も必要となりますから、ベルタ育毛剤やマイナチュレの育毛剤がお勧めと言えます。

 

30代女性向けの育毛剤

次に30代女性では外的要因の他に、女性ホルモンの分泌の減少や、加齢に依る老化の症状が徐々に表面化してきますので、薄毛・抜け毛に加えて、白髪や髪質の変化による頭髪トラブルにも対処する必要が出てきます。髪のハリやコシがなくなってきて、分け目や生え際の地肌が透けて目立つようになる人もいます。ですのでそれらの症状にも対処可能な、花蘭咲(からんさ)・マイナチュレ・デルメッドヘアエッセンス等がお勧めの育毛剤です。

 

40代・50代向けの育毛剤

次は40代・50代向けの育毛剤についてです。この年代では、頭皮や髪にも加齢の影響が本格的に表れてきます。顔と頭皮は1枚の皮ふでつながっている訳ですから、肌にシミ・シワ・たるみ・くすみ等の老化現象が出てくるのに伴って頭皮も乾燥しやすくなり、毛母細胞の活動も衰えてきます。薄毛や抜け毛の症状はより深刻になり、白髪や髪のパサつきやうねり、また更年期に伴う女性ホルモンの減少に伴って、男性ホルモンの影響を受けやすくなり、FAGA(女性型男性型脱毛症)になってしまう人もいます。ですので育毛剤単体ならば女性ホルモンの調節や男性ホルモンの抑制をしてくれるイクオス・マイナチュレ・花蘭咲、白髪染めやヘアカラーと育毛剤を併用したい場合は、ノンアルコーツで毛母細胞活性化タイプのミューノアージュがお勧めです。

 

60代以降の女性向けの育毛剤

最後に60代以降の女性向けの育毛剤についてですが、この年代は更年期を過ぎていますし、純粋な老化現象による毛細血管の現象と血管の老朽化が起きてきます。従って薄毛・抜け毛もいっそう進行しやすくなりますので、血行促進タイプの育毛剤を選ばれると良いと思います。

 

 

おすすめの女性用育毛剤ランキングはこちら