薬局・ドラッグストアの市販の女性用育毛剤と通販の女性用育毛剤の違い

ここでは薬局やドラッグストア等で買える市販の育毛剤と、メーカーの公式サイト等から買える女性用育毛剤との違いについてお話していきたいと思います。大きな違いは3つありますので、その3つの違いについてお話していきます。

 

返金保証制度の有無

まず1つ目の違いは返金保証制度の有無です。薬局やドラッグストア等で市販されている育毛剤は完全買取タイプのものですので、一旦開封して使い始めますと、もしその途中で何らかのトラブルが起きてしまっても返却をすることは不可能です。

 

しかし、メーカーの公式サイトから購入する通販のものの多くに返金保証制度というものがあります。

 

ただし、同じ通販サイトからの購入しても、アマゾンや楽天等からの購入には、返金保証制度はありませんので御注意ください。

 

この返金保証制度とは1度製品を開封して使用したとしても、育毛効果が実感出来なかったり使い心地が悪かったり、頭皮や髪質に合わなかったりした場合、指定の保証期間内であれば全額返金してくれるシステムのことです。メーカーや製品にもよりますが、使い切っていてもOKという場合もあります。但し手続きを間違えてしまうと返金されないケースもありますし、振込手数料や送料は自己負担であることが多いので御注意ください。

 

生産性の違い

2つ目の違いは生産性についての違いです。育毛剤に限った話ではありませんが、市販で安価な値段で製品を購入するためには、生産性の高い製品である必要があります。ですから生産性重視のために、製造過程で難しい技術を使っていないことが多い代わりに、価格が安くなっていることが多いと言われています。

 

一方でメーカーが公式の通販サイトで販売している製品の多くは、殆どが高品質の有効成分で出来ていることが多いですから、尚且つ高度な技術によって製造され、衛生管理やチェック体制のしっかりした一流の工場で生産されている等の条件も加味されますと、製品はどうしても高価になります。育毛効果が高いものが、高価であることが多いのはそのためです。

 

添加物

3つ目の違いは添加物の問題です。市販の育毛剤は生産性を高くするためにも、有効成分以外の成分を多く使う必要があり、その中には添加物も含まれています。その添加物によって頭皮にかぶれや痒みが生じる等の、副作用が起きてしまう場合もあります。

 

逆に通販で売られている育毛剤は、全ての製品に当てはまるわけではありませんが無添加の製品が多いので、頭皮に負担をかけたり副作用が出たりすることなく、高い抜け毛や薄毛の効果を発揮します。これは同じメーカーの同じ製品であれば、アマゾンや楽天で販売されている場合でも、消費期限が迫っていたり過ぎている製品が販売されている等の不正がない限りは、条件は同じです。

 

もしどうしても薬局やドラッグストアの市販の育毛剤しか買えない場合でも、医薬部外品の表示のある、出来るだけ高めの育毛剤を選ぶようにしてください。価格と育毛効果とは、多くの場合比例しているからです。市販の育毛剤は添加物が多いですが、それでも極力添加物の少なめのものを選ぶようにしましょう。

 

おすすめの女性用育毛剤ランキングはこちら