女性用育毛剤って消費期限あるの?

女性用育毛剤を利用されて疑問となるのが、消費期限はあるのかということではないでしょうか。そこで今回は育毛剤の消費期限についてお話します。

 

育毛剤に消費期限はあるの?

育毛剤にももちろん消費期限はあります。通常、シャンプー、石鹸、洗剤等を含め、このような商品にはそれぞれの製造者が定めた消費期限があります。食品の賞味期限と同じように、商品の品質が保証されている期間が決まっています。消費期限は商品の製造者が定めた使用を保証する期限ですので、それを超えると商品の品質は保証されません。そのため、商品の効果・効能も確保されないので品質が劣化している恐れがあります。消費期限が切れているからと言って必ずしも効果がないとは限りませんが、保証されていませんので使用は勧められていません。そして商品によっては何らかの悪影響を及ぼすこともあるので、できるだけ消費期限を過ぎた商品は使わないほうがよいとされています。

 

平均的な育毛剤の消費期限

平均的な育毛剤の消費期限は、未開封で3年程度のものが多くなっています。開封後は、3か月程度です。保存は高温多湿を避けることとなっています。そのため、購入後できるだけ放置せずに忘れないうちに使い始めるのが良いでしょう。開封後は、ゆっくり少しずつ使ったり、時々使用するとしても、1つの商品を3か月以上使わないようにしましょう。できれば毎日コンスタントに使い続け、3カ月以内で使い切るのがよいでしょう。基本的には、古い物より新しいもののほうがいいでしょうから、あまり商品を放置しないというのが基本です。できれば購入後は、すぐに使い始め、使い始めたら毎日適量を使うのがベストです。そうすれば、1本が1ヶ月程度で使い切れるはずですので、まず消費期限をすぎるということはありません。

 

育毛剤の消費期限についての注意

育毛剤の消費期限については、防腐剤が入っているかどうかが関係しています。髪に優しい育毛剤を選ぶと、パラベンや酸化防腐剤などの防腐剤が最小限しか配合されていません。あるいは商品によっては全く配合されていないこともあります。そのため、消費期限が短い=悪い商品というわけではありませんのでその点は注意しましょう。むしろ髪にとっては良い商品なので、商品選びでは消費期限が長いものを選ぶという考えは持たないほうがよいでしょう。消費期限が長いものは防腐剤を多量に含んでいるサインです。