20〜30代にも増えている薄毛

薄毛は男性特有の悩みだと思われがちですが、今は女性でも悩む人は増えてきていますし、年齢の高い女性ばかりでなく、20〜30代の若い女性にも増えてきているのだそうです。そこでここでは20〜30代にも増えている薄毛について、お話していきたいと思います。

 

女性に1番多い薄毛のタイプは「びまん性脱毛症」と呼ばれるもので、以前は更年期の閉経前後の女性に多いとされていましたが、今は生活環境の影響等から、20代?30代の女性にも増えてきていると言われています。びまん性脱毛症は頭髪全体が緩やかに薄くなっていき、髪の毛が徐々に減っていくのが症状の特徴で、症状が進行してきますと地肌が見えてきて、特に頭頂部のつむじや分け目の部分が目立ってしまうようになります。他にも、ポニーテール等の髪を縛って頭皮に負荷をかける髪型をして、引っ張られている部分の毛根に負担をかけ、徐々に髪が薄くなっていく牽引性脱毛症という脱毛症もあります。また寝不足・偏食・暴飲暴食・過剰な喫煙等の生活習慣の乱れや、過剰なストレス、シャンプーやパーマ・カラーリング等のしすぎ等、頭皮や髪の毛に負担のかかることをして、頭皮の痒みや真っ赤なただれ、大粒のフケの大量発生を伴う、脂漏性脱毛症という脱毛症も、年齢を問わず女性のなりやすい脱毛症です。

 

また20〜30代の女性ですと妊娠によって女性ホルモンのバランスが崩れ、出産後に母乳を通して栄養を赤ちゃんに与えることにより、自分の方の栄養が不足して毛が抜ける産後脱毛になる場合もあります。但しこれは妊娠出産を経験した女性なら、多くの場合に起こりうることであり、普通は半年かけて1年で元に戻りますので、それほど心配する必要はありません。但し産後1年以上たっても毛が抜け続けるようであれば、別の異常の可能性も考えられますので、専門医の診察を受けるようにしてください。

 

その他には、女性でも男性のように生え際部分や頭頂部のつむじ部分を中心に髪が薄くなってしまう、FAGA=女性男性型脱毛症という脱毛症もあります。これもストレスや睡眠不足等の精神的な負担や、不摂生な生活によってホルモンのバランスが崩れ、自律神経も乱れてしまうことによって起きると言われています。殊に寝不足は髪の成長を遅くしたり、細く抜けやすい髪になったりする原因になりますので十分な注意が必要です。また先程もお話したような、頻繁なパーマやカラーリングの繰り返しによって頭皮や髪に負担をかけたり、無理な食事制限によるダイエットも頭皮や髪の栄養不足を招き、過剰な喫煙は血行不良を起こし、ピル=経口避妊薬の使用も、ホルモンのバランスを崩す可能性がありますので、若い内から薄毛で悩みたくないという人は、意識して育毛対策を心がけて欲しいと思います。