30代女性の薄毛・抜け毛対策

ここでは30代女性の薄毛・抜け毛対策について、お話していきたいと思います。若い内は薄毛や抜け毛は関係ないだろうと思われがちですが、実は30代でも悩んでいる人は少なくないからです。女性の薄毛に多いのは前頭部から頭頂部にかけての頭髪に、徐々にハリやコシがなくなり始め、髪のボリュームが減ってくることによって、地肌が目立つようになってくるというパターンであると言われてもいます。また髪の分け目から徐々に薄くなるもの、全体的に薄くなるもの、ストレスによる円形脱毛症、寝不足や無理なダイエットや偏った食生活等の乱れた生活習慣が原因でなる薄毛や、出産後の脱毛等も考えられます。

 

30代女性に限ったことではありませんが、ヘアカラーやパーマ等の繰り返しで毛根や頭皮を傷付けて、キューティクルを壊して抜け毛になる女性もいますが、オシャレを諦めることはありませんから、出来るだけ期間を置いて、毛根や髪を休ませてあげることが必要です。またダイエットでは体重を減らすために、食べる量を減らすダイエットをする女性もいますが、このやり方では身体全体に栄養が行き渡らなくなり、生命維持との関わりの薄い頭皮や髪には殆ど栄養がいかなくなりますし、ホルモンバランスやヘアサイクルも乱れてしまい、やはり薄毛の原因になってしまいますので、絶対に行わないようにしてください。

 

ダイエットを含めた食生活では適度な運動と、栄養バランスのとれた食習慣が特に大切です。特に育毛に効果のあるビタミンやミネラルを豊富に含む、緑黄色野菜や海藻類に、タンパク質・大豆製品・発酵食品等を上手に組み合わせて、健康的な食生活を送ることを心がけましょう。それから産後の脱毛症についてですが、これは出産を経験した女性ならば、殆どの人が経験するものですので特に異常なことではないですし、半年〜1年でおさまる分には何の問題もありません。

 

薄毛と加齢による老化現象についてお話しますと、この老化現象というのは、実は30代半ばから始まっているとされています。この時期から徐々に女性ホルモンの分泌が減って、男性ホルモンの働きが強まってきますので、早目に対策を講じておくことが重要です。またヘアケアについては洗髪は1日に1回までとしてください。これは頻繁な洗髪は頭皮の乾燥によるフケの大量発生や、頭皮の新陳代謝の悪化による炎症を起こしてしまうからです。また逆にシャンプー不足やシャンプーの濯ぎ残しも、皮脂の過剰分泌による炎症の原因になりますので、十分な注意が必要です。シャンプーは添加物の多い洗浄力の強すぎるものではなく、無添加で植物系のマイルドなシャンプーで優しく洗い、ゴシゴシ力を入れたり爪を立てて洗ったりしないでください。

 

またいつも同じ位置で髪を分けていたり、ポニーテールやお団子ヘアにしていますと頭皮に負荷がかかって負担になり、分け目から薄毛になってしまうこともありますので、時々分け目を変えたり、違うヘアスタイルにする工夫をするようにしましょう。その他運動不足や過剰な飲酒や喫煙も健康に悪影響を及ぼすだけでなく、薄毛や抜け毛の原因にもなり得ますので、健康的な生活に切り替えるよう心がけてください。