50代以上女性の薄毛・抜け毛対策

ここでは50代女性の薄毛・抜け毛対策について、お話していきたいと思います。50代女性の薄毛は髪の毛が細くなり抜けやすくなって、ボリュームもなくなってくるのが特徴です。特にトップのボリュームを出すのが難しくなり、頭の上部がペタンコになってしまうことも少なくありません。50代は人によっては白髪が増えてくる時期でもあり、髪の生え際に白髪がありますと、より薄毛が目立つことになってしまいます。中には白髪染めを使い始める女性もいますが、白髪染めと言えどもカラーリングの1種には違いありませんので、頭皮の刺激となってダメージを与えてしまう可能性もあります。

 

薄毛になるならないは遺伝や食べ物の好みや生活習慣の関係もありますので、特に50代後半以降には段々に差が出てきます。50代に入りますと女性は大抵誰でも閉経を迎え、所謂更年期に入りますが、この時期は髪の成長に欠かせない女性ホルモン・エストロゲンの分泌が減少することもあり、顔や身体の火照りやのぼせや冷え等の症状の1つとして、薄毛の症状が出てくる場合もあります。しかし50代女性であっても、女性ホルモンの分泌こそ減ってきているものの、髪の毛を作る毛乳頭は働いていますので、この毛乳頭に栄養が行き渡るようにすれば、薄毛や抜け毛の解消は決して不可能ではないのです。薄毛や抜け毛の原因が食生活や生活習慣の乱れからきている場合は、髪の衰えるスピードを遅くすることは出来ると思います。

 

また加齢による老化は筋力の低下も招きますが、適度な運動によって抑制することは可能ですし、適度な運動は血行の促進やストレスの軽減にも効果がありますので、薄毛・抜け毛対策にはとても有効です。特に脹ら脛を鍛えますと、歩くことでポンプのように下半身の血液を上半身へと押し上げ、体中の血液循環を促しますので、特に頭皮の血行に効果的と言われており、これはよく運動をする女性は更年期症状が軽くなるとされる理由の1つでもあります。スポーツマンでない人がハードな運動を無理してする必要はありませんので、1日30分〜1時間程度の適度な運動をすると良いでしょう。

 

先程少し触れたストレスについては、これはホルモンの関係でイライラしやすくなるとも言われ、分泌量の減少によって薄毛の原因になりますので、外出や運動や趣味の活動によって、上手にストレスの発散をすることも大切です。また食生活の上では栄養バランスのとれた食生活が大切ですが、特にエストロゲンに似た働きをするイソフラボンを豊富に含む、納豆や豆腐等の大豆製品の摂取を心がけてください。ヘアケアの関係では、マイルドな無添加植物系のアミノ酸系シャンプーで洗いシャンプー時やシャンプー後に頭皮マッサージをして、血行促進を行うことも有効な薄毛・抜け毛対策です。