「髪」が見た目を決める!

見た目の年齢ってすっごく気になりますよね? あなたはだいたいどのくらいに見られますか? 実年齢よりも若い? 実年齢よりも老けてる?
その見た目年齢ってどうやって判断されているんでしょう?

 

見た目年齢に関するあるアンケート調査によると1位は「肌」ですが、2位に「髪」、8位に「ヘアスタイル」が挙げられています。

1位 肌質
2位 髪の質、ボリューム、白髪
3位 体形・ボディライン
4位 姿勢、身のこなし
5位 ファッション
6位 言動や知性
7位 表情
8位 ヘアスタイル
9位 メイクの仕方
10位 その他

この結果によると、実は1位の「肌質」よりも「髪」が見た目を決める、ということが分かりました。

 

ではさらに、人は他人の髪のどこが気になっているのでしょうか?

1位 パサつき
2位 白髪
3位 薄毛
4位 ボリュームが少ない
5位 分け目が目立つ
6位 枝毛
7位 ボリュームが多い
8位 その他

 

電車の良く乗る人なら分かるかもしれません。 座っている人の頭頂部って見えますよね。 頭頂部薄いと「あららぁ。」って思いませんか? そして、その人が意外と若そうな人だと「えっ!?その若さでその頭のうすさヤバくない!?」みたいな。 実は自分もそんな風に見られている可能性は…非常に高いです。 (T^T)クゥー

 

一方で髪がサラサラ、天使の輪がキレイでボリュームたっぷりだと、「うわぁ。 いいなぁ。」って思いますよね。 実年齢は分からないけど、とても若々しく見えます。 そんな女性に憧れますよね。
キレイでボリュームたっぷり、健康な髪を育てるためには「地肌」が重要です。

 

髪をはぐくむ「地肌」を健康にするためには…

  • 毛穴を防ぐのはダメ!
  • 毛穴が皮脂や汚れで塞がっていると、髪の成長を妨げてしまいます。 適切なケアで地肌を清潔に保つことが肝心です。

  • 衰えを防ぐ
  • 地肌は年齢を重ねるごとに、硬く薄くなっていきます。 髪のハリ・コシ、うねり、薄毛などの加齢変化は、地肌の衰えが大きく関係しています。 地肌の健康は顔のたるみ・シワにも影響してきます。

  • 根を育てる
  • 髪を生み出す根の部分は生きた細胞。 毛髪は死んだ細胞の塊。 ということは髪の見えている部分だけをケアしてもだめ。

  • 栄養は必要不可欠
  • 髪は地肌の奥にある毛細血管から送られた栄養によって、根の部分が活発な細胞分裂を繰り返すことで成長していきます。 個の髪の成長には地肌の血流が大きく関係しています。

 

健康な「地肌」を育てる栄養素

  • たんぱく質
  • 髪のケラチンや地肌のコラーゲンはたんぱく質の一種。 (肉、魚、大豆、大豆製品など)

  • ビタミンB群
  • タンパク質の代謝に欠かせない成分。 特にB2には細胞の再生に関わり、毛髪の成長を促進する働きがあります。 (豚肉、レバー、ナッツ類、大豆・大豆製品など)

  • 亜鉛・銅
  • 髪の成長を助けます。 銅にはメラニン色素生成作用もあります。 (牡蠣、ゴマ、レバー、納豆、豆類、ナッツ類など)

  • ビタミンC
  • コラーゲンの生産を促進します。 ストレスによる免疫力低下防止や抗酸化作用もあります。 (緑黄色野菜、かんきつ類など)

  • ビタミンE
  • 血管を閣僚して血行を促進します。 ストレスで発生が多くなる活性酸素を消去する抗酸化作用もあります。 (ナッツ類、アボカド、小麦胚芽など)

  • 赤血球のヘモグロビンの成分。 血液の状態を良好にすると同時に、酸素を全身に供給します。(レバー、大豆、プルーンなど)

  • ポリフェノール
  • 細胞を傷つける活性酸素を消去する抗酸化成分。 (プルーン、緑黄色野菜、大豆・大豆製品など)

 

育毛剤は直接頭皮・地肌につけて、頭皮マッサージをして頭の血行を良くします。 育毛剤の成分が奥に入り込み、直接栄養を届けてくれるのですが、そもそも体の内側が不健康な状態だと…なかなか効果を発揮する事ができません。 そのため、生活習慣・食生活の改善は必要となってきます。 特に食事で得られる栄養分は非常に大切です。 1日に必要な栄養分ってありますが、これ…結構大変なんですよ。
私も食生活の改善!と思ってしばらく頑張ったんですが、途中からかなり負担になってきてしまって、挫折しました。 そのため私はサプリメントを活用しています。 サプリメントばかりに頼るのは良くありませんが、あくまでも「補助」として摂るのはいいと思いますよ。サプリメントと育毛剤を併用することで、育毛効果も高まりますし、体内の健康にもつながると思います。

 

育毛サプリメントの効果

 

実年齢と見た目年齢のギャップが大きいほど、なんだかうれしいですよね。 「えっ!?うそ!?○○歳!?見えない!もっと若いかと思った!」なんて言われてみたいと、思いませんか?