薄毛が目立たない髪型、ヘアアレンジ教えて!

薄毛が気になる方にとって、髪型は少しでも薄毛を目立たなくできる大切なポイントです。そこで今回は、薄毛のタイプ別に目立たなくする髪型や注意点などをご紹介します。

 

髪の生え際の薄毛が気になる方

髪の生え際の薄毛が気になる方は、なるべく髪を縛ってまとめたり、アップにして額を出す髪型は避けましょう。髪を縛ったりアップにすると生え際の後退が強調されます。またヘアバンドやカチューシャなどもおすすめしません。髪の生え際の薄毛が気になる方は、なるべく髪を後ろでまとめずにおろしておくのが目立たなくするポイントです。また髪型も、ワンレンなどの額の広さが目立つ髪型ではなく、前髪を少し作って生え隠すような髪型にしましょう。

 

分け目が気になる方

髪の分け目が気になる方は、いつも決まった分け目にせずに日によって分け目を変えてみましょう。なるべく髪型を変化さて分け目を作らない髪型にして、ふんわりと髪を立ち上げるのがポイントです。ヘアワックスやムースで髪を寝かせてしまうと分け目が強調されるので、なるべく整髪剤は使わずにおきましょう。また髪を縛るときは2つに分けると分け目ができるので、一つに縛るかあるいは、縛らずになるべくナチュラルな状態で保つほうが髪へ負担も少なくなります。

 

髪全体の抜け毛が気になる方

女性で最も多いのがこのタイプです。髪全体の薄毛が気になる方は、できるだけ髪のボリューム感を出すのがポイントです。そのため、生え際をなるべくふんわりと立ち上げてドライヤなどを使ってボリュームを出させることがポイントです。整髪剤を少量使うと効果的です。スプレータイプのもので髪に空気感を含ませるものがボリュームアップになります。ワックスやヘアクリームなどは髪をボリュームダウンさせてしまいますので、あまりおすすめしません。これらの整髪料は頭皮や髪にしっかりとつきやすいので、シャンプーのときによく洗わないと洗い落とすことができません。そしてゴシゴシ洗って頭皮を傷つける原因になることもあるので、できるだけワックスやヘアクリームは使わないでおくほうが良いでしょう。スプレータイプのものは比較的洗い落とすのも簡単です。また髪を縛ったりまとめると髪全体の量の少なさを強調してしまいます。縛ることで髪に余計な圧力が加わるので抜け毛の原因になることもあります。
このようにいくつかの薄毛を目立たなくする工夫がありました。髪型やアレンジのポイントとしては、薄毛を目立たなくすることと、髪にあまり負担をかけないという2つが大切なことです。