抜け毛・薄毛の原因は女性ホルモンにあり?

ここでは女性の抜け毛・薄毛の原因と女性ホルモン・エストロゲンとの関係性について、お話していきたいと思います。女性の抜け毛・薄毛の原因は、このホルモンのバランスの乱れによるところが大きいと言われ、エストロゲンと抜け毛・薄毛都の間には密接な関係があるからです。このエストロゲンには毛髪を成長させて、ヘアサイクルの中の成長期を持続させるという働きがありますので、若い女性の場合ですと、妊娠中に分泌の増えたエストロゲンが産後に急激に減少することでバランスが崩れるため、抜け毛や薄毛の原因になると言われています。また40代後半〜50代半ばの更年期になりますと、加齢に伴うホルモンバランスの崩れによって抜け毛・薄毛になりますが、これはホルモン・エストロゲンの減少によって髪の成長期が短くなり、休止が長くなってしまうことで、1つの毛穴から出てくる髪の毛の本数が減ったり、髪の毛そのものが減ってしまうためです。

 

女性ホルモンは卵巣から分泌されていて、その中の卵胞からエストロゲンが、黄体からはプロゲステロンが分泌され、これらのホルモンを作る指令は脳の視床下部からの指示を受けた脳下垂体から出ており、同時にホルモンの分泌量も把握しコントロールしながら、脳と卵巣との連携によってバランスがとられています。ホルモンバランスの乱れとは、視床下部と脳下垂体との連携が上手くいっていないことを示しており、毎月の生理中でも崩れないホルモンバランスが、強いストレスや慢性的なストレスによって崩れてしまう場合もあり、そのような外的な要因も抜け毛や薄毛の原因になり得るのです。

視床下部や脳下垂体は、精神的なストレスの影響をダイレクトに受けやすい器官でもあり、若い女性でも過剰なストレス等によって脳が指令を出さなくなり、ホルモンの分泌が止まってしまうか、量がコントロールされなくなってしまう場合もあります。また極端な食事制限を伴うような過度のダイエットを行った場合でも、栄養の偏りや不足によって卵巣機能が低下してしまい、やはりホルモンの分泌量は減少してしまいます。これらの原因によって起きる症状は多々ありますが、抜け毛や薄毛もその中の1つであるということです。但し同じ条件下でも抜け毛や薄毛になる女性とならない女性とがいますので、ホルモンと抜け毛・薄毛との相関関係については、まだまだハッキリしていない部分もありますが、それでもホルモンのバランスが正常であれば、抜け毛や薄毛になりにくいことだけは、間違いないものと思われます。