秋の抜け毛はいつまで続く?

ホルモンバランスの乱れや加齢、様々な外的要因による脱毛を別にすれば、1年で最も抜け毛が多くなるのは秋だと言われます。正確に言うと夏の終わりから秋にかけてだそうですが、これは人間にも犬や猫のように、毛の生え変わりの時期=換毛期があることを示しているのです。つまり動物が冬毛に生え変わるように、時期的に抜け毛が老ける現象の名残であるとも考えられます。冬に備えて毛母細胞の入れ替えが行われることで、一時的に抜け毛が増え、他の時期の2倍の抜け毛があるのですが、これはごく自然な現象ですので、基本的には心配はなく、食事や睡眠のとり方に気を付け、適度に運動をすることといった事以外では、特に対策は必要ありません。また秋といっても実際には、身体が涼しさを感じる時期?11月になって寒さを感じる頃までと考えるのが適正です。

ただあまりに抜け毛が多いと不安になったり、秋が終わりに近付いても、全く抜け毛が減らないこともあり、また冬に入ってもまだ抜け毛が多い場合は、夏の過ごし方に問題があって、抜け毛の時期が長引いている可能性もあります。夏は髪の成長にはマイナスの要因が多く、夏の暑さに寄る食欲不振で、冷たい飲食物を摂り過ぎていたり、食べ物自体を殆ど食べなかったりという場合もあります。また夏バテで消化力が落ちていて、栄養のバランスが崩れて栄養状態が悪くなり、髪に栄養が行き渡らないといったことや、頭皮に大量の強い紫外線を浴びてしまったり、海や山で頭皮が日焼けしてしまったり、プールの水に使われている塩素によって、髪や頭皮に負担をかけてしまった等の項目に、1つでも思い当たる節がある場合は、頭皮が大きなダメージを受けていて、抜け毛になりやすくなっていることも考えられます。

 

心当たりがあり、ごっそり毛が抜けたり、冬に入っても抜け毛が酷い場合は、頭皮に優しい低刺激のアミノ酸系で、無香料無添加の植物由来成分中心のシャンプーによる正しい洗髪と、リンスやコンディショナーをつけてからの頭皮マッサージを行い、規則正しい生活習慣と偏りのない食生活を実行し、それでも改善されない場合は、重症の脱毛症の可能性がありますので、早めに専門医の診療を受けてください。

 

▼ おすすめアミノ酸系シャンプーはこれ ▼