冬の抜け毛が深刻化する原因知ってる?

一年のなかで、最も抜け毛が深刻化する季節をご存知でしょうか?もしかすると紫外線が多い夏や汗をたくさんかく梅雨と思われている方がいるかもしれませんが、実は冬なんですよ。
今回は、このような冬の抜け毛の原因についてお話します。

 

冬に抜け毛が増える原因は冷えや血行不良

冬に抜け毛が増えるのは冷えの影響があります。体が冷えると血管が収縮して、体全体の血流が悪くなります。そして頭皮も同様です。髪に必要な栄養分は、血流によって頭皮に送られるので、血流が悪くなると、髪の成長に必要な栄養分が頭皮に行き届かなくなります。その結果、毛根が活発に働かず抜け毛に繋がります。

 

空気の乾燥や空調の影響

冬の外気は大変乾燥しています。そして、冬は空調で温まった室内で長時間過ごしがちです。そして室内は大変乾燥しています。このような冬の乾燥は、頭皮や髪にも悪影響を及ぼします。普段から乾燥しやすい環境で過ごすようになると、頭皮や髪の水分も失われフケ、かゆみなどの原因となります。また、乾燥は髪にも悪影響があり、切れ毛やダメージヘアにも繋がります。さらに抜け毛や薄毛の原因ともなります。

 

頭皮トラブルが起こりやすいのが冬

頭皮のトラブルが起こりやすいのが冬です。その理由は、頭皮が乾燥すると、頭皮がダメージを受けやすくなるのでそれを保護しようと頭皮がより活発に皮脂を分泌するようになるからです。皮脂の多い頭皮は、毛穴詰まりを起こしやすくなり、炎症、ニキビなどの原因ともなります。このようにトラブルの多い頭皮は、抜け毛に繋がりやすいです

 

夏の紫外線やダメージの影響

そしてもう一つは、夏に受けたダメージの影響が時間をおいて出始めるためです。夏のダメージヘアの影響は、秋ごろに出てくることが多いです。さらに冬の乾燥や空調の影響が重なると、冬の抜け毛はますます加速します。それからもう一つは、夏はしっかりと紫外線対策をしていても、冬はあまり紫外線対策をしていないのではないでしょうか。実は、紫外線は夏だけではありません。紫外線にはUV−AとUV−Bの2種類があり、春や夏に多いのはUV−Bなのですが、UV−Aは1年中降り注いでいます。UV−Bは、浴びると日焼けをしますが、UB−Aはてすぐに黒くならずに肌の奥深くまで到達し、じわじわと影響が表れます。曇りの日や日陰にも含まれているUV−Aは、冬場の対策していない頭皮や髪にしっかりと注がれています。