夏の抜け毛対策!

長期休暇がとれて野外へ出かける機会が多くなる夏は、それだけ強い紫外線を浴びる機会が増え、肌だけでなく髪や頭皮にも、負担やダメージを与えてしまうことになります。抜け毛や薄毛に悩んでいる人は勿論、自分は大丈夫だと思っている人も油断は禁物です。夏の間に髪や頭皮が受けたダメージの蓄積は、秋以降に抜け毛や薄毛の症状として表われます。そこでここでは、夏の間にしておいた方がいい抜け毛対策について、お話していきたいと思います。

 

紫外線のカット

まず1つ目は紫外線のカットについてです。髪や頭皮は、暑い夏の間でも肌の3倍の紫外線を浴びていますから、紫外線対策をしませんと、血行不良或いは頭皮の老化や日焼け等の症状を招いてしまうことになります。ですので麻や麦わら等の通気性のいい素材で作られた帽子をかぶる、日傘をさす、活性酸素を減らす食事をする等の対策をとる必要があります。刺激性の低い無添加無香料のアミノ酸や植物性のシャンプーを使って、よく泡立ててから指の腹で優しく洗い、後でよく濯ぐ等の正しい洗髪方法をすることも大切です。また仕事や運動をした後はゆっくり休む、UVカットのヘアスプレーをつける等の対策をとってください。

 

2つ目は汗に関する対策です。夏は1年の中で最も汗をかく時期ですから、新陳代謝の面からは問題ないのですが、汗を拭かないままでいると抜け毛の原因になる場合もありますので、タオルやハンカチ等で小まめに汗を拭き、シャワーでキレイに汗を洗い流すことが大切です。但し1日に何度もシャンプーをしますと、必要な皮脂までとってしまい、逆に抜け毛を増やすことになりますので止めてください。また洗髪の前に髪をお湯で流し十分濯いでおくこと、洗髪後はしっかりタオルドライをして、しっかり水分をとってから、ドライヤーの冷風で乾かすようにしましょう。また熱中症予防のため、殊に首と脇をしっかり冷やすことも大切です。

 

海やプールに行ったら…

3つ目は海やプールに行った時の注意事項です。泳がない場合には、麦わら帽をかぶる、髪の日焼け止めを使う等の対策をとることも大切です。泳いだ後はしっかり髪を水洗いし、洗髪する場合はアミノ酸シャンプーを使いましょう。水に長時間入っているとだるくなるはずですから、帰宅したら早めに休んで、疲れを翌日に持ち越さないようにしましょう。4つ目は頭皮の温度を下げないことです。頭皮の温度が下がりますと乾燥したり、血行不良を起こしたりしますので注意が必要です。クーラーの効いた室内にいる場合は湿度を60〜65%の範囲に設定し、頭皮に直接冷風があたらないように注意してください。また入浴時には半身浴をしながら頭皮マッサージを行うと良いでしょう。

 

睡眠

最後は睡眠にかんする注意事項です。涼しい日については心配ありませんが、熱帯夜で寝苦しい時にはクーラーをタイマーにしたり、扇風機をかけたり、クール枕やクールマットを使う等して体温を適温に戻し、早めに眠れるように工夫をしてください。よく寝ることで体の疲れがとれることは、1番最後に頭皮にまで栄養が行き届くことになりますので、一石二鳥なのです。また寝ている時でも首と脇を冷やすことも大切ですが、逆に冷やしすぎても逆効果ですので、適度な冷やし方を工夫して休んでください。

 

▼ おすすめ無添加アミノ酸系シャンプー ▼