紫外線で頭皮が老ける!

夏の強い紫外線に備えて肌のケアを考えている人は多いと思いますが、実は最も紫外線を浴びている髪や頭皮のケアまで考えている人はどれだけいるでしょうか。何の対策もせずに強い紫外線を浴び続けた髪や頭皮は、大きなダメージを受けるばかりでなく、頭皮を老けさせてしまう可能性もあります。そこでここでは頭皮が老けてしまうことに伴う、薄毛や抜け毛の進行を予防し抑制するための対策について、お話していきたいと思います。

近年夏の暑さが年々厳しくなるのに伴い、肌の3倍紫外線を浴びると言われている髪や頭皮の受けるダメージも、相当大きくなっていると予想されます。特に海水浴等で帽子を被らずに屋外にいる場合の、頭頂部の髪や頭皮への影響が心配です。髪は紫外線により日焼けし乾燥によりパサついてしまったり、色落ちして赤茶けてしまったり、毛髪内部ののタンパク質の損傷によって、切れ毛や枝毛になりやすくなります。それに伴って頭頂部や分け目等、髪の薄い部分の頭皮も日焼けしてしまう場合もあり、放置しておくと頭皮が老けるという状態を招いてしまうわけです。

 

また夏はエアコンの効いた涼しい室内に長時間居ても、頭皮の乾燥や冷えによる血行不良で肌がカチカチになってしまったり、冷たい飲み物や食べ物を摂取することで、体の内部からも外部からも冷やしてしまうことになり、それも薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。また汗により頭皮に雑菌が繁殖したり、頭皮臭や脂漏性湿疹等の頭皮トラブルが起きる等、夏の間に髪と頭皮が一気に老けこんでしまいかねないのです。

 

では次に紫外線によるダメージから髪と頭皮を守る対策について、お話していきたいと思います。まず髪の紫外線対策としてはUVカット効果のある日傘をさす、或いは麻や麦わら等通気性のよい素材でできた帽子を被る、といった対策が必要です。又今は髪用の日焼け止めというものもありますが、頭皮につかない方がよいものもありますので、使用上の注意を確認してから、購入するようにしてください。肌用の日焼け止めの中には頭皮に使えるものもありますから、やはり確認の上購入して使用するようにしましょう。どちらを使用した場合でも、その日の内にシャンプーでしっかり洗い落とすようにしてください。洗髪後のタオルドライ後に、キューティクルを補修できるアウトバストリートメントをつけるのも効果的です。

乾燥によって硬くなってしまったり夏の疲労が溜まったりした頭皮は、頭皮を保護する皮脂をとり過ぎない、低刺激のアミノ酸シャンプーを使いよく泡立ててから髪につけ、指の腹で揉み込むように優しく洗ってください。爪をたてたりゴシゴシあらったりしますと、必要な皮脂までとれてしまいますのでやらないようにしましょう。特に乾燥肌・敏感肌の人には、注意して欲しいと思います。頭皮の中にある髪を作り出す毛母細胞は、毛細血管と直接つながっていますから、将来までキレイな髪を維持するためには、頭皮マッサージをして頭皮の血行をよくすることが大切です。血行促進成分の入っている育毛剤や頭皮ケアエッセンスを使い、指の腹で頭皮を大きく動かしたり、百会というツボを刺激する等のマッサージを、湯船に入りながら行うと効果的です。

 

▼ おすすめ無添加アミノ酸系シャンプー ▼