いい睡眠してますか?育毛と睡眠の深い関係

睡眠不足になると育毛を妨げられます。それには次のような理由があります。今回は睡眠と育毛の関係と育毛に良い眠りについてお話します。

 

睡眠不足が育毛を妨げる理由

睡眠不足になると頭皮や髪には悪い影響があります。睡眠不足が育毛を妨げる理由は、睡眠に心身の休息させる働きがあるからです。そして、髪の成長にも重要な役割があります。睡眠は、体の疲れをとり筋肉を弛緩させます。そして脳を休息させ、精神をリラックスさせる働きがあるので、1日の疲れを回復させるのに欠かせない存在です。さらに、肌や髪にとっては、寝ている間に成長ホルモンが分泌されターンオーバーを促進する働きがあります。1日ダメージを受けた皮膚や髪が修復され、新しく生まれ変わります。このように髪の生まれ変わりには、睡眠は大変重要なものです。

 

髪のゴールデンタイム

そして髪の成長にとって最も大切な時間は、午後10時から午前2時の髪のゴールデンタイムと言われる時間帯です。この時間帯に成長ホルモンが最も分泌され、毛母細胞の働きが活発化され、新陳代謝が促進されます。つまり髪のゴールデンタイムにしっかりと睡眠をとることが育毛に繋がります。よい眠りをとることが育毛にはとても大切です。

 

良い睡眠を促すには

それではどのように良い眠りを促進させればよいのでしょうか。
一つ目は、体内時計を調節するために日中は日光を浴びできるだけ体を動かすことです。睡眠は、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されると促されるので、できるだけ日中はこれが分泌されないようにします。日光や運動をすることにはこのメラトニンを抑制する働きがあります。
二つ目は、規則正しい睡眠サイクルを作ることです。睡眠時間だけではなく、睡眠サイクルも大切です。毎日できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。

三つめは、睡眠前はなるべくパソコン、スマートフォンなどの電子機器を使わないようにすることです。電子機器は睡眠を阻害します。通信機器で情報が脳に伝達されると、脳を刺激して興奮状態になります。さらに電子機器のモニタの光も覚醒させます。ベッドに入る数時間は電子機器をなるべく見ないようにして、リラックスするのが良い眠りには大切なことです。
四つ目は、睡眠の1時間前には入浴などをすませておくことです。ぬるめのお風呂にゆっくりとつかり体をリラックスさせましょう。寝る前には軽くストレッチやヨガをして体の筋肉をほぐしておくとさらに眠りの質が上がります。頭皮や髪にとっては、頭皮マッサージなどもよい効果があるのでこれも入浴後に行うと効果的です。