朝ごはんで薄毛対策!

最近は、朝ごはん抜きの人も増えています。しかし、実は朝ごはんは髪や頭皮の健康には大変重要です。
そこで今回は、しっかりと朝ごはんを食べることが抜け毛・薄毛対策に有効である理由やおススメ食材をご紹介します。

 

朝ごはんが薄毛に良い理由

朝ごはんを食べることの意味はいくつかありますが、一つには体温を上げることがあります。朝の寝起きの空腹時は、血糖値が下がり体温が低下しがちです。そこでしっかりと朝ごはんを食べて体を温めることは、1日のスタートとして体を温めるのにとても大切です。体が温まると頭皮の血流も良くなるので、抜け毛の大敵である頭皮の冷え解消にも繋がります。そして、朝、十分な栄養を摂っておくことは1日頭皮が健康な状態でいられることにもなります。健康な頭皮は外敵からのダメージを受けにくくして、頭皮のトラブルを防ぐことができます。さらに、朝昼晩と規則正しい時間に食事を摂る習慣は頭皮や髪にも良い効果があります。1日2食の偏った食生活は、頭皮や髪にも悪影響があります。

 

おススメの朝ごはんの食材

薄毛対策に良い朝ごはんとしては、日本古来の純和食なら髪に有効な食材をたくさん摂ることができます。例えば、納豆、豆腐、味噌などの大豆食品には、大豆イソフラボンが多分に含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た成分の役割があるので、ホルモンバランスを整え、健康な頭皮と美しい髪を保つのに有効です。それから卵も良い食材です。卵には、健康な髪を成長させるのに必要なセレニウム、鉄、亜鉛、硫黄などが含まれ、髪の原料となるタンパク質も豊富です。さらにビオチンも含まれています。 ビオチンは、ビタミンの一つで髪の毛に必要なアミノ酸の代謝やコラーゲンを生成するのに有効な栄養素です。アミノ酸は育毛効果があり、コラーゲンが不足すると丈夫な髪が育ちません。ビオチンにはこれらの栄養素が含まれているので、育毛効果が期待できます。そして鮭も良い食材です。鮭にはアスタキサンチンというビタミンEの約1000倍、ベータカロチンの約5倍もの栄養がある成分が含まれています。そして、アスタキサンチンは、知覚神経を刺激してIGF−1を増加させる働きがあり、 このIGF−1が毛母細胞に働きかけて細胞分裂をして育毛の効果を発揮するのです。さらに緑黄色野菜も有効です。緑黄色野菜は、頭皮や髪によいビタミンA、ビタミンCが豊富に含まれています。サラダやおひたしを一品食われるだけでカリウム、カルシウム、鉄などミネラルを補足することができます。