女性の抜け毛の症状

女性の薄毛の症状は、主に以下6つになります。

 

産後の脱毛症

産後はホルモンバランスが崩れやすいため、抜け毛や薄毛が進行しやすいしやすい時期です。
妊娠をすると、女性ホルモンの影響で心身ともに大きな変化が起きます。 それは仕方のない事なのですが、妊娠中〜産後きちんと対策をすれば抜け毛は軽減することもできます。
が、すでに産後で抜け毛がひどい…場合はやはり生活習慣の見直しと共に、育毛剤を使った頭皮ケアをすることをおすすめします。

 

びまん性脱毛症

女性を悩ます脱毛症のほとんどはびまん性脱毛症と言われています。
びまんとは、一面に広がるという意味です。全体的に均一に脱毛が起こります。男性型脱毛症と同じように、髪の毛の休止期毛の割合が多くなり、その結果抜け毛が増え、脱毛症を引き起こします。 しかし、びまん性脱毛症が男性型脱毛症と異なる点は、前頭部の生え際の後退はなく頭皮全体の毛が抜けることです。 そのため、脱毛部の境界がはっきりしません。 びまん性脱毛症の原因は、遺伝、偏った食生活、ストレス、過剰なダイエット、間違ったヘアケアなどがあげられます。

 

脂漏性(しろうせい)脱毛症

ホルモンのバランス異常などで過剰に皮脂が分泌され、それらが毛穴を塞ぐ事で毛穴周辺部や毛根が炎症を起こし、 髪が抜けるという症状を引き起こす脱毛症のことです。
塞がれた毛穴周辺で頭皮の常在菌が異常繁殖します。 その影響で毛根部近くまで炎症が及んで髪が抜け落ちてしまうのです。

 

原因としては、通常、皮脂は頭皮を守るために分泌されるもののはずがホルモンバランスの異常やストレスなどの内部要素により、分泌が過剰になってしまうことです。
洗髪が不十分で皮脂汚れが落ちなかったり、逆にシャンプーの洗浄力が強すぎて、必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまったために、皮脂が過剰に分泌されたりするということがあります。

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

乾燥したフケ(=乾性フケ)が毛穴周辺を塞ぎ、ホルモンのバランスなどにより頭皮の常在菌が異常繁殖して毛根が炎症し、脱毛に至るという症状のことです。

 

脂漏性脱毛症とよく似ており、場合によってはそれらが複合的に発症することもあります。
乾性フケの発生原因は、ストレスや食生活の乱れの他に、洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったことで、 頭皮に必要な皮脂を除去しすぎることによって起こります。

 

脂漏性脱毛症との違いは、前者が過剰な皮脂の分泌によるものに対し、粃糠性(ひこうせい)脱毛症は頭皮の角質異常により、角質がはがれおち、大量のフケをともなうといったところにあります。

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症

ポニーテールや束髪など、毛髪が持続的にそして過度に引っ張られる事によって発生する脱毛症のことを言います。
牽引が長期間に渡って持続した場合には回復しない事もありえますが、一般的には、髪型を変えることによって回復します。

 

円形脱毛症

円形脱毛症とは髪の毛が前触れもなく、円形に脱毛してしまう疾患のことをいいます。 抜け毛というと年齢を重ねることで起きる印象がありますが、 円形脱毛症の場合は、発症する割合の8割以上を占めるのが30歳以下なんだそうです。
原因としては、遺伝やアレルギー、精神的なストレスも、栄養バランスの偏りも一因とされていますが、有力なのは、自己免疫疾患という説です。
免疫は本来、私たちの体を外部の侵入物から守る機能を持つのですが、これに異常が生じて自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまうのが、自己免疫疾患です。
毛根組織に対して免疫機能の異常が起きると、毛根が破壊され、健康な髪まで抜けてしまうのです。